60代の紫外線対策としては、毎日のように色が濃い果物や野菜を食べることも有効…

サプリも積極的に活用することがおすすめ…

60代の女性

60代におすすめできる紫外線対策は、肌のトラブルを防止しながら、同時に老化に対抗できるのが特徴です。

年齢による衰えに対して、不足している栄養素を補給して、体が持っている本来の自然治癒力を高めることも目指していきます。

特別な極意を考えることをしなくても、日常的な食品などを利用するだけでも実践できます。


60代になると、近所のお友達と一緒にお茶会をすることがありますが、この場合には抹茶や煎茶を選ぶことがおすすめです。

お茶に含まれるカテキンには、強力な抗酸化力があるため、紫外線が強い時期に飲むことは理にかなっています。

緑茶には比較的に豊富なビタミンCも含まれることから、お茶を飲めばカテキンの抗酸化作用を補強して、紫外線による色素沈着を強力に抑制できます。

60代の紫外線対策では、カテキンが入っている化粧水を利用して、抗酸化を促進する方法もおすすめできます。


60代の紫外線対策としては、毎日のように色が濃い果物や野菜を食べることも有効です。

夏の紫外線が強烈な時期には、リコピンの色素で真っ赤に完熟したトマトを食べると、抗酸化作用は相乗的に働くようになります。

トマトには大量のビタミンCも含まれますので、肌の潤いを保つためにも役立つことになります。

毎日の習慣として、夏の朝にはトマトジュースを飲んで抗酸化成分を補給してみてはいかがでしょうか。

夏野菜の種類では、ナスやカボチャも紫外線対策に役立ちますから、味噌汁や天ぷらなどの料理で食べることがおすすめです。


加齢とともに食欲が減退して、若いときよりも食事量が減っている場合には、肌を潤すための栄養が不足してしまうことになります。

抗酸化成分は欠かせませんが、同時に潤い成分としてセラミドやコラーゲンも枯渇しては困ります。

そのため、60代の紫外線対策では、サプリも積極的に活用することがおすすめです。

セラミドは化粧水からも吸収すると、強烈な夏場でも生活がしやすくなります。

アスタキサンチンやアントシアニンなどの色素成分については、サプリからも補うようにすると、食事の負担が大幅に軽減していきます。


60代の紫外線対策では、ツボ押しやマッサージをして、内臓を含めて丈夫にする方法もおすすめできます。

内臓が弱った状態になっていると、紫外線に対抗するだけの抵抗力が失われてしまいます。

臓器に関連するツボの種類を選び、季節にも応じてマッサージをすると効果的です。

腸内の新陳代謝を高めて皮膚を丈夫にするためには、お腹の付近にある天枢というツボを温灸やマッサージで刺激することもおすすめです。


60代の化粧品@人気ランキング…調べてみました!



このページの先頭へ