60代の女性にとって、エイジングケアのための化粧品とはどんなものでしょうか?

60代でも美肌の基本は保湿保湿、水分補給、そして適度な洗顔です。

60代にもなると肌は敏感になり、肌トラブルは格段に増えてきます。

日頃から受けている、外部からの刺激も大敵です。

例えば外に出た際に気になる紫外線や、外でも中でも気になるほこり、若い頃より増す肌の乾燥しやすさ、雑菌が気になるなど…。

肌に一度トラブルがでると、元に戻ることも遅くなりがちです。

それはターンオーバーのサイクルが遅くなってしまっている事などが原因なのです。

日々の丁寧なスキンケアでも、60代の肌の衰えには太刀打ち出来ない部分も多い事でしょう。

しかし、やはりしわやしみ、顔のたるみなどを防ぐには、化粧品などでの徹底的な保湿のケアが必要不可欠です。

美肌の基本である保湿。良い化粧品を選び、潤いエイジングケアを行って、みずみずしさを保ち若々しいお肌になりましょう。

保湿成分が豊富な化粧水を選ぶ…!

どの世代でも、エイジングケアの基本は、化粧品などを使用した保湿から始まります。

しかしとくに60代が、これらを疎かにしてしまうとたちまち肌は衰えていってしまうのです。

そうなる前に正しい60代のスキンケアの方法を知り、エイジングケアを行っていくことが大事です。

基本は保湿、水分補給、そして適度な洗顔です。

化粧水の選び方としては、保湿成分が豊富なものを選ぶことです。

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの3大保湿成分をはじめ、尿素、アミノ酸、レシチンなどが入っているものも良いでしょう。

スクワランやホホバオイル、ミネラルオイルもお勧めです。

保湿後のクリームは、シンプルな化粧品で十分…!

保湿後の肌の水分を閉じ込める、いわゆる「ふた」の役目をするクリームは、シンプルな化粧品で十分でしょう。

例えば馬油や、ワセリンなど、これらはとてもシンプルですが、肌に負担を掛けないのでおすすめです。

60代のデリケートな肌にはシンプルなものが一番かもしれません。

特に馬油は肌に優しい馬の油です。

とても人の体に馴染みやすいものです。

馬油の後にワセリンのフタ、と併用するのもおすすめです。

忙しい人は最近良く見かける、化粧水の役割も果たすオールインワンジェルのような化粧品でも良いと思いますが、その前に通常の化粧水での保湿も行うほうが、より肌へのエイジングケア効果を得られることでしょう。

洗顔の後はすぐ保湿…!

他にもエイジングケアとしては、日常で気をつけてほしいことがあります。

洗顔の後はすぐ保湿しましょう。

お風呂あがりなどは肌が潤っていて、少しの間なら放っておいても良いように思えますが、出来るだけ素早く保湿ケアをして肌にフタをすることは大変大事です。

また、こまめに少しずつ行う水分補給も肌にはとてもよいものです。

体の中からもエイジングケアしましょう。


60代の化粧品@人気ランキング…調べてみました!



このページの先頭へ

FX損失