年齢を重ねるとお肌の質「肌質」が変わり、皮脂の量が変化します…

皮脂が減ることで肌が乾燥する

60代の方が挙げるお肌悩みといえばシミ、たるみ、しわ、…など、エイジングからくるお悩みを挙げる方が多いですよね。


そして意外と多いのが、乾燥です。

「昔は全く気にならなかったのに、なんだか最近乾燥するのよね」という60代の方。

もしかしたら肌質の変化が原因かもしれません。

実は、年齢を重ねるとお肌の質「肌質」が変わるんです。


どんな風に「肌質」が変わるのかというと、皮脂の量が変化します。

年齢を重ねるとこの皮脂が減るんですが、この皮脂が減ることで肌が乾燥するんです。


皮脂ってどんなイメージがありますか?皮脂が多いとニキビができやすかったり、化粧崩れしやすかったり…

どちらかというと悪いイメージを持ってある方が多い皮脂ですが、実は適度な皮脂はお肌に必要なんです。


皮脂は「天然のクリーム」とも呼ばれ、肌表面に1枚薄い膜を張ってくれます。

この膜があると、外的刺激から肌を守ってくれたり、肌内部のうるおいを逃さないようにガードしてくれたりもするんです。

ですので、皮脂が少ないと肌のうるおいは逃げやすくなって乾燥しやすくなります。

また、紫外線という外的刺激を受けやすくなるため、さらに肌は乾燥します。


そして、皮脂が少なくなり紫外線の影響を受けやすくなるということは、シミ、たるみ、しわといったエイジングのお悩み部分の原因にも直結します。

肌の老化には「紫外線」が最も影響を与えていると言われているんです。


いかにこの皮脂が大切か分かりますよね。


この皮脂は身体の中から分泌されているので、夏場は増え冬場は減ったりは多少するものの大きく変化することはありません。

ですが年齢を重ねるごとにこの皮脂の分泌は減っていくと言われています。


なので60代の方の肌質の特徴は「皮脂が少ない」ということなんです。


肌質を変えることは正直難しいです。

では乾燥しないために、エイジングのお悩みを悪化させないために何が必要かというと実はクリームなんです。


普段、夜のスキンケアはどのような流れでお手入れされているでしょうか?


クレンジング→洗顔は、肌を清潔に保ち美容成分を受け入れるような肌の状態に持っていきます。

その後、化粧水→乳液→クリームと質感の違う3タイプを順番に使うことで肌に美容・保湿成分を浸透させていきます。


このクリームが、「天然のクリーム」である皮脂の変わりをしてくれるんです。


肌質が変わり、皮脂の量が減っている60代の方は人工的なクリームでフタをし、肌のうるおいや、化粧水・乳液で入れた美容成分が蒸発しないように閉じ込めてあげましょう。


60代の化粧品@人気ランキング…調べてみました!



このページの先頭へ

FX損失