角質の水分量が30%台であれば健康的な状態をキープ

60代になるとターンオーバーのサイクルが長くなり、肌に必要な成分が減少してくるため、外部からのダメージを受けやすくなります。

回復力が衰えてくると、角質が荒れた状態が長く続いてしまうため、角質の隙間から水分が失われて乾燥しやすい状態になってしまいます。


一般的には角質の水分量が40%以上に保たれていると、しっとりとした潤いのある状態になります。

ただ、この水分量はあくまでも理想的な数値になり、30%台であれば健康的な状態をキープできます。

水分量が30%以下になると乾燥気味になり、年齢が高くなるほど水分量は減少しやすくなります。


60代は、皮脂の分泌量が低下してくる年代でもあります。

表面を保護する役目を果たしている皮脂が少なくなると、保湿力が低下して乾燥が進み、刺激に弱い敏感肌へと変化していきます。

健康的な肌に近づけるには、若い世代のように保湿だけのスキンケアに頼るのではなく、少なくなってしまった皮脂の代わりをしてくれる成分を補うことも大切です。


60代からのスキンケアでは、保湿効果の高いセラミドが配合されている化粧水でしっとり感を高めていきましょう。

セラミドにはたくさんの種類がありますが、浸透力に優れているヒト型セラミドが最適です。

ヒト型セラミドは、角質層の存在しているセラミドと構造が近いため、よくなじんで角質層をふっくらとした状態に整えてくれます。


水分補給を十分にしたら、今度は皮脂膜と同じような役割を果たしてくれる成分も補給して、保湿力を高めておきましょう。

皮脂膜は脂肪酸、スクワレン、ワックスエステル、コレステロールなどの成分で構成されています。

この内、スクワレンやワ

ックスエステルは、スキンケア化粧品でも利用されている成分です。

ワックスエステルは配合成分として見かけることはないのですが、ホホバオイルには皮脂に近いワックスエステルが含まれているので、60代の保湿ケアに適しています。


ただし保湿対策のためにオイルをたっぷり塗ってしまうと、回復力の低下を招いてしまうため、つけ過ぎには注意しましょう。

洗顔のやり過ぎや洗浄力の高い洗顔料も乾燥を招く原因になり、マッサージなどで皮膚をゴシゴシと擦り過ぎることも、水分不足につながります。


60代だからといって、栄養成分をたっぷり与えるような過剰なスキンケアをするのではなく、保湿と皮膚の保護に必要な成分を適度に補給することで、健康的でしっとりとした肌に改善されていきます。


60代の化粧品@人気ランキング…調べてみました!



このページの先頭へ

FX損失