目元や目じりにできるしわやたるみを解消できれば、60代でももっと若々しく見える…

60代の女性

目元はお顔全体の中では非常に小さな部分ですが、お顔全体の印象を決めてしまう重要なポイントともなります。

例えば、上まぶたのたるみが多くなってくると、目は小さく見えてしまいます。

また目じりにしわができてくれば、当然のことながら老けて見えてしまうでしょう。

このように、目元や目じりにできるしわやたるみを解消できれば、60代でももっと若々しく見えることでしょう。


では、60代のお肌にとって、目元や目じりのしわやたるみを解消するためのどんな治療方法があるのでしょうか。

例えば、目元のたるみなどを解消する方法として、たるんで伸びてしまった余分の皮膚を取り除く手術があります。

当然、メスを使った手術となりますが、この場合、目のラインと合うように切開するため、傷跡はほとんど目立たないと言われています。


しかし、このような手術には抵抗があるという方であれば、他の治療方法を選ぶことができます。

例えば、メスを使わない治療方法として、くぼんでしまった部分に脂肪やヒアルロン酸を注入することによって、気になるたるみを解消するという方法があります。

この方法は注射という形で行なわれるため、手術と比べて痛みや術後のダウンタイムなどもなく、比較的簡単に改善できると言えるでしょう。


さらには、やはりメスを使わず緩やかに改善していくプチ整形と呼ばれる治療方法もあります。

これらの方法の中から自分に最も合った方法を用いることによって、たるみのないすっきりとした目元を手に入れたいものです。


また、60代の女性の多くが目元や目じりのしわにも悩んでおられることでしょう。

そんな状態を改善するために選ぶことのできる治療方法には、テノールと呼ばれるものがあります。

テノールは、ラジオ派と呼ばれる高周波を利用した熱による治療法と言うことができます。

皮膚の真皮層や脂肪層にまで達する高周波によって、コラーゲンを収縮させることができます。

このようにコラーゲンを収縮させ活性化させることによって、お肌にハリを戻そうというものです。

加えて、テノールのもう一つの特徴は、高周波によって血液やリンパの流れを促進するというものです。

この働きにより、新陳代謝が促され、衰え始めたお肌を回復させることができるようになります。

もちろん、テノールは持続性が比較的短いため、定期的に治療する必要がありますが、他の施術を組み合わせることによって効果をぐっと高めることができるという特徴もあります。

痛みもないため、安心して受けられる治療方法と言えるでしょう。


60代の化粧品@人気ランキング…調べてみました!



このページの先頭へ